賃貸契約書

意外にトラブルが多い賃貸契約書

賃貸物件に入居する際、必要になるのが「賃貸契約書」の存在です。
賃貸物件に入居する場合、必ずこの賃貸契約書をかわすことになりますが、実はこの賃貸契約書の存在が大きな火だねとなり、多くの確執を生んでしまうききっかけにもつながっています。
現に、この賃貸契約書に関してはかなりのトラブルが起きていますので、注意が必要です。

賃貸契約書の問題点

賃貸物件に住んでいる人は、自分が住んでいる物件に入居したときのことについて思い出してみて下さい。
賃貸契約書を自分で読んだことはありますか?
また、家主や仲介業者からその契約内容について説明を受けたことはありますか?
実は、それがなかったためにトラブルが起きることが多いのです。

たとえば、ハウスクリーニングについて。
ハウスクリーニングとは、退去する際に部屋の中を清掃して綺麗にすることを言います。
これは通常家主が持つことが多いのですが、まれに契約書に「ハウスクリーニング代は借主負担」と書いてあることがあります。
ここを巡ってトラブルになることが多いのです。

今は家主負担が普通なのにという借主側と、「契約書にきちんと書いてある」と主張する家主側。
これは、事前に賃貸契約書をきちんと確認すれば防げたかもしれないトラブルです。

また、更新料についての問題も。
以前、裁判で「更新料の請求は不当である」という判決が出たことを覚えているでしょうか?
賃貸物件の中には「何年かおきに更新があり、そこで家賃が上がる可能性がある」ということがあります。
自動更新の場合は家賃が据え置きになりますので変わりませんが、そのかわり「他の部屋の家賃が下がっているのに、うちばかりが下がらない」というトラブルを引き起こす可能性が。

これは、やはり賃貸契約書をきちんと読まないことや家主側の説明不足が産んだことと言えるでしょう。
賃貸契約書に関する問題というのは、非常に大きな問題に発展することがあるのです。

賃貸契約書はきちんと読む!

賃貸契約書は、長々と書いてある上に文字も小さく、そのことで「読まずに契約してしまう」ということが多くなっています。
でも、賃貸契約書には大切なことが掲載されていますので、どんなに面倒でもきちんと読んでおくことが大事です。
これでトラブルなり訴訟になると、双方が辛い思いをすることになります。
賃貸契約書はしっかり読むこと。そしてしっかりと「契約内容を確認すること」が大事です。