代理店契約書

代理店って何だろう

「代理店」という言葉をよく聞くようになりましたよね。
この「代理店」が、どんなものなのかをあなたはご存知でしょうか。
よく、保険会社は代理店を通じて保険を売っていることがあり、こういうときに「代理店」という言葉をよく聞きますよね。これはどういうことなのでしょうか。
保険は保険会社にいって契約を結ぶこともできますが、一方で「代理店」と呼ばれるところでも契約をすることができます。この様に、会社にかわって販売や契約などの仕事を行うお店を「代理店」と呼んでいます。
代理店はあちこちにありますので、探せばすぐに見つけることができます。
では、なんのために代理店があるのかを考えていきましょう。

代理店はなんのためにあるの?

いろいろと理由は考えられますが、まず考えられるのは「少しでも保険に関するお店を探す」ということが挙げられるでしょう。保険会社が店舗をふやすよりも、保険をとりあつかう代理店を増やした方がいいということなのでしょう。
三井住友海上のホームページをみると、代理店とは代理店契約書を交わした上で以下の業務を委託していると書いています。
まず、保険の契約をすること。
これは保険会社も当たり前にやっていることですが、代理店が代理ですることも可能であるということですね。
次に、保険の内容をかえたいとおもった時に契約の変更をしたり、あるいは契約をやめたいと思った時に契約の破棄をしたり、保険に関わるすべてを代行してくれるのが代理店なのです。
保険会社が近くにないときでも、この代理店があればきちんと応じてもらうことができますので、代理店というのはとても心強い存在です。

代理店契約書とは

とはいえ、この様に重要な役割を担う代理店は、やりたいからといって誰もがやることができるわけではありません。きちんと代理店契約書をとりかわし、その権利があると認められた店舗だけが「代理店」としての機能を果たすことが可能になります。
代理店契約というのは、簡単に締結することができるものではない。
そのことだけは確かであり、確実なことと言っていいでしょう。

代理店契約は、保険会社かどの分野ではどんどん増えていく可能性があるものです。
今後はいろいろなところで代理店を見ることができる可能性もあり、そのような代理店の推移について今後もしかりと見ていきたいものですよね。質のいい代理店が増えるということは、私たちの生活も向上するということにつながるのではないでしょうか。