フランチャイズ契約書とは

知ってる?フランチャイズ契約

最近は「フランチャイズ契約」という言葉をよく聞くようになりましたよね。
皆さんは、このフランチャイズ契約というものがどんなものなのかをどのくらいご存知ですか?

例として、T社をあげてみましょう。
T社は全国にたくさんの店舗がありますが、すべて親会社が一緒なわけではありません。
A社がお金を出してT社をやっていることもあるし、B社がやっていることもあります。
こういったことがどうして起きているのかというと、これはA社とB社がT社とフランチャイズ契約を結んでいるためです。
T社は、一定の条件で運営のためのノウハウとシステムをA社とB社に貸し、さらに店名を名乗る権利も与えています。

これを「独占的販売権をわたす」といいます。
A社とB社はT社のノウハウを使って商売をすることができるかわりに、きめられた特約料を支払うことになります。

フランチャイズ契約をすると、外側からみると本体の会社となんら変わりません。
運営している企業をみて、「ああこの会社が運営をしていたんだ」とわかるくらいです。
A社とB社にしてみれば、既に売れている会社の名前をそのまま使い続けることができて、さらにはシステムまで利用することができます。
このようなメリットがあるため、フランチャイズ契約はあちこちで締結されるようになりました。
たとえば家電量販店がフランチャイズ契約を結んでいることもあるし、ファミレスがそうしていることもあります。コンビニもそうですよね。
私たちは普段気付くことがありませんが、フランチャイズ契約というのは本当にいろいろなところで行われています。
フランチャイズ契約書というのは、こんなフランチャイズ契約を行う時に締結されるもの。

でも、何かと問題も多いフランチャイズ契約

しかし、フランチャイズ契約というのは失敗が多いことでも知られています。
なぜなのかと言えば、フランチャイズ契約に安易に手を出して、失敗してしまうというケースがおおいためです。

有名企業のノウハウをもらうことができれば、稼げる。
そんな風に思う人が手を出して失敗してしまうというケースも多いです。
ノウハウだけもらったところで、思うように稼ぐことができるとは限らない。
このことを、もっとよく説明すべきだという指摘も出ています。
確かに、フランチャイズ契約に関する説明というのはあまり行われていませんので、もしかすると十分な説明がないままやってしまっているというひともいるのかもしれません。