業務委託契約書

業務委託契約書ってなに?

業務委託契約書について語る前に、まずは「業務委託」について記述してみたいと思います。
この業務委託、意外に知らない人が多いですよね。
「業務委託」というのは割と色々なところで行われているわりに、詳しい事情が知られていない。それが、「業務委託」の大変なところです。

業務委託というのは、そのまま「業務を請け負ってもらう」というものです。
ただ、ちょっと複雑なのは「業務を社員などにやってもらうことではなく、個人があくまで企業から仕事を委託されること」のことを指しています。
解りやすく言うと、内職がそんな感じですよね。
内職というのは、企業が個人に依頼して自宅で作業をしてもらうというものです。
最近は内職で稼ぐ人も増えてきましたが、内職をしている人は「業務委託」として仕事をして、業務委託契約書を交わしている可能性があります。
仕事をもらったら、あとは「○月○日までに○円でこの仕事を請け負います」と契約して、仕事をするというのがこの業務委託の働き方ですね。
家で働きたい主婦が増えているこの時代、業務委託契約書を交わして業務委託をする人というのは今後もどんどん増えていきそうです。

では、業務委託契約書というのはどんなものなのでしょうか。
業務委託契約書は、業務委託をする時に交わす契約書のことです。
実は、「業務委託契約書の達人」というサイトにある通り、実は法律上は「業務委託」という働き方はありません。
働き方がないということは、業務委託契約書のひな形も存在しないということです。
このため、業務委託契約書というのは企業と個人で必要なことを明記して契約を行うということが慣例です。
どんな仕事をして、どんな風にお給料をもらうのか。
締切はいつなのか。
そのようなことを業務委託契約書に記入し、かわす必要があります。
内容に関してはあくまで任意になりますので、内容はきちんと確認して業務委託契約書をかわす必要があるでしょう。

業務委託契約書がない場合もある

とくにネット上で請け負う仕事の場合、業務委託契約書がない場合もあります。
しかし、やはり何かがあった時のために業務委託契約書をきちんとかわしておいた方がいいでしょう。
とくに、これから業務委託を請け負いたいと案が得ている人は業務委託契約書についてきちんと学び、かわしておくことをお勧めします。
今後は、この業務委託契約書をかわして仕事をするケースがあるかもしれませんね。