秘密保持契約書

仕事をすると「秘密」ができる

企業としてやっていく上で、第三者と仕事をするというのは必要不可欠なことになります。
誰かと一緒にコラボレーションをすることで新しい話題を提供することができますし、また共同で作り上げることで新しい何かを発表することもできます。
そう考えると、第三者との仕事をするのはどうしても必要なことになるのですが、一方で「第三者と仕事をすることで、企業の秘密を相手に知られてしまう可能性もある」ということも否めません。
企業の大事な秘密を知られ、それをばらされてしまったら困りますよね。
そんなとき、企業同士でかわすのが秘密保持契約書です。
秘密保持契約書とは、「仕事をする上で知った個人情報や企業の秘密を、外部にもらさない」という条件でおこなうものです。これを結ぶことで、「企業同士、秘密は守り合いましょう」ということが可能になるというわけです。
企業同士が仕事をする場合は、この秘密保持契約書がかわされることが多いです。

秘密保持契約書をかわす必要性について

とにかく、「情報」というものを狙う人間というのはとても多いです。
例えば、ベネッセの情報流出がありましたよね。
ベネッセを受講した人の個人情報が、とある業者によって外に流されてしまったというものです。
この時、この業者は個人情報を高値で頬化の業者に売却していましたよね。
このとおり、情報というのは高いお金で売れるのです。
その様なことがあるからこそ、盗もうという輩がいます。
また、ベネッセの場合は企業に出入りする関連業者が情報を盗んだということも解っていますよね。
秘密保持契約書を結んでいないと、こういうことが頻繁におきてしまうことになります。
情報が流出してしまうと、それは大変な損害になり、顧客からの信用もなくなってしまうでしょう。
もちろん業者を疑うことはしたくありませんが、秘密保持契約書は双方にとって信頼の証となるのです。

企業同士のやりとりをみてみると、やはりいろいろなところで秘密保持契約書がかわされています。
興味がある人は、その内容についてもチェックしてみるといいでしょう。
秘密保持契約書では、すでに外部に向かって発表されているようなこと以外のすべてをさして「ひみつにするように」ということになりますので、一定の抑止力になるでしょう。
このような書類も、企業同士がやり取りをする上では必要だということですね。
秘密保持契約書は、本当にいろいろなところで使われている契約書なので、お勉強をしてその内容を学んでみて下さい。