不動産売買契約書

不動産売買契約書って何?

私たちは、時にとても高い不動産を売買することがあります。
家を買ったり、売ったり…ということって、わりとあることですよね。
しかし、不動産を売るということはとても大きなお金が動くということになりますので、何もせずに契約をするということは絶対にできません。
不動産に関して何らかの売買取引をする際は、不動産契約書をむすばなくてはなりません。
不動産に関することと言えば「宅地建物取引業法」ですが、ここでもきちんと契約書をむすぶよにと書かれています。不動産売買が契約したら、契約の細かい内容をきちんと書面に盛り込んで、専門家にハンをもらわなければならないと決められています。

そもそも売買契約とはどんなもの?

ここで、そもそも「売買契約というのはどんな契約なのか」についてみていきましょう。
これは、意外とわかっていない人がいるのではっきりさせておかなければなりません。
売買契約とは、基本的には「売りますよ」というひとと「買いますよ」というひとがいれば成立してしまうものです。これはそうですよね、これではじめて売買契約が成り立つということになります。
しかし、じゃあこれだけで売れるか?といったらそんなことはありません。
売るにしても買うにしても、そこには必ず「条件」が出てきます。たとえば、いくらで買うのか。
売りたい人と買いたい人の意見が一致しないと、やはり売買が成り立ちません。また、買うことがきまったとしても「月にいくらずつお金を払っていくのか」についてもきちんと決めていかなければならないでしょう。
このような細かいきまりごとを記載したのが不動産売買契約書 になります。

不動産売買契約書以外の契約でもそうですが、契約書というのは最初の段階できちんと「こういう契約で」ということを盛り込んでおかないと、あとから「こういった」「言っていない」というもめ事につながります。だから、最初に決めた契約がきちんと履行されるように不動産売買契約書を結び、双方の信頼関係が維持されるようにするのです。

契約というのは疑ってかかるものである

契約というのは、いいたくありませんが「人を疑う気持ち」から生まれるものです。
相手が100パーセント約束を守ってくれると解っていれば、おそらく多くの人は不動産売買契約書を結ばないでしょう。でも、そんな保証はどこにもないから不動産売買契約書を締結します。
どんなことであっても、「約束がきちんと果たされるとは限らない」ということを頭に入れていかなければなりません。そう考えれば、不動産売買契約書が存在する意味も解るでしょう。