イラストの著作権譲渡契約書

どこまでを譲渡する権利とするかが重要なポイントとなるイラストの著作権譲渡契約書

イラストの著作権譲渡契約書は様々なシーンで使用されます。
雑誌や書籍のイラストを挿入するため、もしくは何らかのイベントのシンボルマークを作る、企業や商品などのキャラクターを決めるなどの際に、イラストレーターが作成した画像を譲渡してもらうというケースが考えられます。
大きなイベントでは非常に高額な契約となることもありますし、フリーランスのイラストレーターが安価な報酬で仕事を請け負うこともあります。

どのようなケースであるにせよ、どの部分までの権利を譲渡するかをはっきりと明確にすることがこのイラストの著作権譲渡契約書では重要なポイントとなります。
油絵などのような絵のタッチそのものが重要かつ価値を与えるものでは、作品そのものを譲渡することになりますが、デジタル技術によって作成されたイラストであればデータのみを譲渡すればOKということにもなります。
さらに、イラストの様々なカットなども副次的に使用する場合は、そのシリーズも手渡すことになるでしょう。

イラストレーターの人格権についての取り扱いも明確にする

イラストは単体で大きな価値を持つこともありますが、イラストレーターの存在そのものが価値を底上げすることがあります。
つまり、有名なイラストレーターが描いたものであれば、無名の著作者が作成したものもよりも値段が上がる傾向にあるのです。
そのため、イラストの著作権譲渡契約書を交わす際には、著作者の人格権についても述べておく方がベターです。

どこまでクレジット使用が可能となるか、イラストレーターの名前を前面に出して宣伝をしても大丈夫かどうかなどについて記載しておくことができます。
また、イラストに関係するイベントが開催されるのであれば、その著作者がどの程度までそのイベントに参加するかということもポイントとなります。

報酬や権利の行使範囲も明確に

キャラクターもののイラストに起こりやすいケースですが、そのキャラクターに人気が出ると、キャラクターグッズを作成して販売するという流れが出てきます。
その際に、どこまでイラストの権利を譲渡された企業が使っていいかということもはっきりさせておく必要があります。
安易な使用によって、イラストレーターの名声が傷つくこともありますので、明確な条項がないままだと大きな問題となることもあります。

その点も含めて、報酬体系をきちんと記載しておきます。
固定された報酬なのか、歩合制にするのか、報酬が発生する期間はどのくらいかということを述べることになります。
イラスト関連のケースは、事が大きくなることもありますので、できるだけ細かい記載をしておいた方が無難です。