遺産分割協議書

とにかく問題になりやすい遺産問題

どんなに中のいい家族でも、
遺産がからむとあっという間に険悪に・・・なんてこともあるもの。
近しい親族の中にも、「お金で揉めた」という人がいるという場合も
少なくないはずです。

お金の切れ目が縁の切れ目という言葉もあるとおり、お金というのは
時に人間関係すら壊してしまうもの。特に遺産は大金が入ってくる可能性も
ありますので、注意をしなければなりません。

遺産分割協議書

そんな時、注目したいのが「遺産分割協議書」の存在です。
遺産分割協議書は、必ずしも作らなければいけないというものではありません。

例えば、相続するものが現金のみで相続人の同意が得られている場合などは、
特に遺産分割協議書を作らなくてもOKです。しかし、遺産というのは時に
複雑な分け方になることがありますよね。

家:土地:現金などが残った場合、これをどう分けるかが焦点となります。
また、「誰が相続するのか」についてもしっかり考えておかなければなりません。

最近になって婚外子の問題が出てきたことをご存知でしょうか。
結婚せずに子供を産んだとしても、その子供には父親となる男性の遺産相続の権利が
あります。

のちの家族のみで遺産相続をしようとしても、法的には婚外子を除いて
相続をすることはできませんし、あとから婚外子について発覚した場合は
相続人の選定をやり直すことになります。

相続をする場合は、きちんとこのことを確認の上行うことになるので注意しましょう。

土地・家の鑑定

その後に行うのが、土地や家屋の鑑定額を出すこと。
どれを売ったらどのくらいのお金になるのか、そういったことを数字で出します。
いくつも相続するものがある場合は、それらすべてに対して行います。

土地をたくさん持っている場合、
どの土地が自分の土地なのかが解らなくなる可能性もあるので注意をしましょう。

ちなみに、土地の名義などが変わる場合は必ず遺産分割協議書が必要になりますので、
そのことを頭にいれておくことが必要。最終的に誰がどれを継ぐかが決まれば、
それを遺産分割協議書に記入して終わりです。

遺産分割協議書なんて面倒だ、兄弟同士で喧嘩なんかしないと思われるかもしれませんが、
それが通用しないのがお金の世界でもあります。のちのもめ事を引きずらないためにも、
きちんと遺産分割協議書を作成し、みんなが納得する形で相続をすることはと
っても大事なことになります。

後のことを考えれば、遺産分割協議書を作成しておくとは決して損にはなりません。