結婚契約書


契約書にはいろいろな種類があり、それぞれ果たす役割が異なります。
中には、あっと驚いてしまうような「こんな契約書があったなんて」というものもあり、そういった契約書をみると「バリエーション豊かなんだな」などと思うこともあります。
ここでは、そんな契約書の種類についてご説明しましょう。
まず挙げたいのは、「結婚契約書」です。

婚姻届とは違う「結婚契約書」

結婚契約書は、行政書士がつくる契約書のこと。
もちろん、結婚をするために必ず必要な契約書ではなく、
これがなくても結婚をすることは可能になります。
しかし、結婚に関して何かしらの取り決めをしたい場合、
「結婚契約書」を作ってそれをまとめておくことがあるそうです。

たとえば、「結婚をした後は、共働きか」ということについて。
結婚前は「仕事をしてもいいよ」といっていたのに、
いざしてみたら「やっぱり家事を手伝うのがつらいから、仕事はやめてほしい」
「結婚しても仕事をするなんて、それば僕の給料に不満があるのか」などと手のひらを反す男性もいます。

その様なことがないように、結婚契約書に「共働きを認め、家事を手伝う」などと記載をするのです。
専業主婦を希望している人でも同じ。専業主婦を希望したのに、
結婚してから「働け」といわれるのは話が違うって思いますよね。
こういったトラブルを未然に防ぐために、結婚契約書が必要になるのです。
結婚契約書というと、なんだか事務的で冷たいような雰囲気を感じるかもしれません。
でも、こういった細かい取り決めをしておくことは本当に大切。
なぜなら、こういった価値観のずれが離婚へとつながる可能性もあるからです。

価値観のずれが離婚を招くことも

結婚したときとそのあとでは、やはりどんどん価値観が違ってきます。
それは仕方がないことですが、だからといって納得がいかないことまで要求されても困りますよね。
だからこそ、結婚契約書を作って約束事をはっきりさせておくのです。
中には、結婚前と結婚した後でいうことが全く違い、離婚に至ったというカップルもいます。
それは仕方がないことですが、離婚に至るというのはもったいない話でもあります。

そういったことを防ぐ意味で、契約書を作っておくというのは大切なことになるのかもしれません。
もし、結婚前に「条件をはっきりさせておきたい」と考えるなら、
結婚契約書を作ってみませんか?結婚を「契約」としてとらえることで、
見えてくる何かがあるかもしれません。
そういった契約書の利用方法も、重要なものなのではないかと思います。