金銭消費貸借契約書

金銭消費貸借契約書って何?

金銭消費貸借契約書とは、また聞きなれない言葉ですよね。
でも、実は金銭消費貸借契約書というのは私たちのとっても身近に存在する契約書です。なぜ、金銭消費貸借契約書が良く知っている契約書なのかがわかりますか?
なぜなら、金銭消費貸借契約書というのは、簡単にいえば「ローン」です。
私たちは、買い物をする時に「ローン」を組んで購入することがありますよね。
住宅ローンが、この金銭消費貸借契約にあてはまります。
家を買う時、私たちは一括でお金を用意することができないことがほとんどです。3000万円の家を借りるときに、一括で3000万円を貸すことができるひとって本当にわずかですよね。はっきりいえば、無理な人のほうが多いでしょう。
そんな時、私たちは銀行からお金を借りて支払い、その後は返済をしていくことになります。
この時に締結するのが金銭消費貸借契約書というわけです。
お金は銀行に返していくことになるので、金銭消費貸借契約書は家をかった人と銀行の間で締結されることになる契約書です。
とはいえ、これだけで金銭消費貸借契約書をかわすことができるわけではありません。

住宅ローンを組むときのことを考えてみてください。
住宅ローンを組むときというのは、購入する住宅に抵当をつけることになりますので、これが成立しないと金銭消費貸借契約書をかわすことはできないのです。
銀行だって、タダでお金を貸してくれるわけではありません。
万が一、お金を返すことができなくなった場合は家を売ってお金に変える権利を渡す。これで初めて、銀行からお金を借りることができるのです。

金銭消費貸借契約書の内容について

金銭消費貸借契約書では、以下のことを盛り込みます。
まず、いくらお金を借りて利率はいくらなのか。そしていつまえに返済して、返済が遅れた時は損害金を支払うという約束をします。万が一、家を建てて延滞をしてしまうと信用がなくなってしまうので、その時にどうするかなども金銭消費貸借契約書に記載します。
このことでもわかると思いますが、金銭消費貸借契約書というのは本当に細かいことをいろいろと記載している契約書です。今後、住宅ローンを組むときのために金銭消費貸借契約書について知っておきたいですね。
住宅ローンを組むというのはとっても大変なことである。
そのことが、この金銭消費貸借契約書の内容からもよくわかるのではないでしょうか。
高いローンを組むということは、この様な契約書を結ぶということでもあります。