雇用契約書


契約書の中でも、特に有名なのが雇用契約書の存在です。
仕事をしていれば、多くの人が雇用契約書を交わしているでしょう。逆に言えば、雇用契約書をかわしていなければ仕事をすることはできません(基本的には)。これは本当に重要な契約書です。
では、そんな雇用契約書についてみていきましょう。

雇用契約書ってどんな契約書?

雇用契約書とは、その人を雇用するにあたっての条件が記載されているものです。
例えば、働き方。何時間働いてどのくらい働いたら昇給があるなどという必要事項が雇用契約書にはきちんと記載されています。
雇用契約書に関して間違われることが多いのが、「雇用契約書は雇う側と雇われる側の意思を示したものである」ということです。雇用契約書をかわす際、そこには雇う側と雇われる側双方の印が押されることが多いのですが、これは「双方の意見が合意していますよ」という意思表示になるのです。そうでなければ、双方のハンを押すということにはなりません。だからこそ、雇用契約書は非常に重要だということですね。
実は、厳密にいうと雇用契約書はなくても人を雇うことはできます。なぜなら、雇用というのは双方が合意をしていれば成り立つものだからです。でも、やはり「より条件をはっきりさせる」という意味で、雇用契約書を交わしておくというのは重要なことになるのではないでしょうか。
とくに大手では、まず雇用契約書をかわさずに人を雇うということはできません。

雇用契約書がないとどうなるか

雇用契約書がなくても人を雇うことは可能です。
でも、だから雇用契約書を作らないということになると、やはり揉めることになってしまうでしょう。
人間、その時は良くても後から「あれをいった、言わない」という話しになるのはよくあることです。「あの時ああいったのに」「言っていない」という風に揉めてしまい、そのせいでせっかくの中まで悪くなってしまう。そういうこともあるので、注意をしいなければなりません。
だから、雇用契約書を作って「こういう条件で雇用しますよ」という条件をはっきりさせておくことが重要になるのです。雇用契約書を使うのは本当に大事なこと。相手を大切にしたいからこそ、この雇用契約書をしっかり作っておくことが必要なのです。もし今後働くことがあったら、雇用契約書にどんなことが描いてあるのかをしっかりみてみて下さいね。
雇用契約書は本当に大事なものなので、きちんと確認してから契約をしましょう。