システムエンジニアリングサービス契約書

人材を派遣するタイプの契約書とも言える

システムエンジニアリングサービス契約書は、IT業界ではかなり一般的に交わされている契約書です。
この契約は、システムを開発するにあたって結ばれる契約ですが、企業がどこかの会社にシステム開発を依頼して、それを完成させることを目的しているものではありません。
むしろ、人材派遣のための契約という形態に近いものです。

システムそのものの完成を請け負うというタイプの契約ではなく、システムを作るための労働者を送るという契約とも言えます。
そのため、この契約では完成されたシステムを渡すことは求められていません。
単純に、システムエンジニアを送るというだけのものとなりますので、よりシンプルなものとなります。

労働時間に対して報酬が発生することが多い

このシステムエンジニアリングサービス契約書は、請け負い業務の契約とは異なりますので、システムが完成しなくても報酬が発生します。
ほとんどの場合では、それぞれの労働時間について報酬が発生しますので、一時間あたりいくらという形で報酬単価が出され、実際の労働時間に基づいて報酬が支払われることになります。
そのため、契約書の中では、その労働単価が明確に記されることになります。

また、システムエンジニアリングサービス契約書の中には、誰が現場の指揮を執るかが示されて、その指示に従うことを義務とするという条項が示されます。
そうすることで、現場での作業がスムーズに進んでいくことになります。
派遣されるシステムエンジニアが、どのような環境でどんな業務を行うか、どんな就業規則があるかについても明記しておくことができます。

労働状況を確認できるものを提出する

システムエンジニアリングサービス契約書では、労働力の提供という形で契約がなされますので、現場で実際に働いているか、規定の労働時間を守っているかなどをちぇくする必要があります。
そこで、契約書の中で、タイムカードの使用やコンピューター上の管理システムなどを使って、労働状況の確認ができるものを提出するように求めることができます。
そうすることで、契約が果たされているということを確認できますので、重要なポイントとなります。

また、業務上知りえた情報などを第三者に漏らさないことや、業務で開発したプログラムなどを他の場所で使うことがないように、守秘義務契約の条項を付け加えることも重要です。
機密情報や個人情報の取り扱いの仕方などを、契約書の中に記しておくことで、トラブルを避けることにつながります。
システムエンジニアリングサービス契約書は、労働力の提供という形態の契約ですので、人為的なミス発生のケースなどについても記載しておくことは助けになります。