Accela 通達マニュアルポータル

PC

文書管理にプラスアルファの機能が充実

数多くの文書を管理する必要がある企業は多いですが、文書を管理するだけではなく、業務を効率化させるためのツールとしてより活用できるシステムがあったらいいと思いませんか?
「Accela 通達マニュアルポータル」は、文書を分かりやすく管理できるのはもちろん、管理している文書を必要な宛先に配信するなど、プラスアルファの機能が売りの文書管理システムです。

業務文書をファイルサーバに溜め込んでしまい、必要な時に見つけられないというケースは多いようですが、Accela 通達マニュアルポータルを使用すればタグで管理することで取り出したい文書をすぐに見つけることができます。
また随時更新されていく書類は、バージョンが増えて管理しきれなくなってしまうことがありますが、これらの文書についても分かりやすく整理することが可能です。

注目したい機能は、Accela 通達マニュアルポータルを通した文書配信機能。
業務マニュアルなどをAccela 通達マニュアルポータルで管理していた場合、それを各支社や支店に送りたいという時に、一斉配信することができます。
それぞれに配信日程を設定したり、公開範囲を設定することができますので、各環境に合わせた形で文書の共有ができるのもポイントです。

Accela 通達マニュアルポータルの活用方法

広い範囲で文書を共有することが可能ですが、それに加えて管理している文書への投稿や更新も、各拠点から行なうことができるため、遠隔で業務を共有することができます。
また投稿された文書にコメントを付けてコミュニケーションを取るといったことも可能です。
文書を検索する際には、キーワードやタグなどで検索することができますが、投稿に入ったコメントも検索対象となるため、より詳細な検索でいち早く該当の文書を見つけられます。

文書を配信する際の操作もとても簡単で、社員全員がすぐに操作を修得して利用できるのも大きな利点です。
ExcelやWordといったOffice関連ソフトのデータをPDFに自動変換し、そのまま目的の配信先に送ることができるので、実に手軽。
完成した文書を都度PDFに変換するのはかなりの手間になりますので、これだけでもかなり業務が効率的に進みます。

文書を各拠点でより効率的に共有、管理したいという時、または各地域に支社があり、全拠点に一斉周知をする機会が多い企業など、Accela 通達マニュアルポータルを活用できる企業はたくさんあるようです。
モバイルでのアクセスも可能なので、営業など社外に出る人が多い企業にも活用していただけますので、興味のある企業はぜひ導入を検討してみませんか。