REX-File・Finder

キーボード

社内全体で手軽に利用できる文書管理システム

だいぶ前に構築したファイルサーバで文書を管理しているけれど、整理ができなくなってきたので便利なシステムを導入したいと検討している企業は多いと思います。
しかし、古くから運営されている企業の場合、新しいシステムの導入にあまり積極的でない社員もいるようです。
システムの導入が嫌だというより、新しいシステムを覚えるのが大変だと考えるようなのですが、「REX-File・Finder」であれば誰でも簡単に操作ができ、すぐに利用を開始できます。

REX-File・Finderは、操作方法が分かりやすいことが売りの文書管理システム。
全文検索の精密性も信頼でいますが、AND検索やOR検索など、あいまいな検索にも対応しており、「これとこれとこの文書を確認したい」という時の幅広い文書検索にも活用できます。
また除外キーワードの入力も可能なので、通常のキーワードと組み合わせて使用することで、より高度な文書検索が可能です。

検索においては、REX-File・Finder全体で探すことに加えて各フォルダを指定した検索も可能なので、より検索効率が高まりますし、タグでの検索であれば、類似の文書も比較しながら文書を探すことができます。
プレビューひとつにも多くの機能を搭載しており、文書の全ページを一度に確認できるよう、5ページごとにプレビューを表示することができたり、サムネイル表示やハイライト表示などがあるのに加えて、持ち出し防止のために、文書に透かしを設定することも可能です。
また検査した結果を並べ替えることもできますので、文書の比較検討をしたいという時もとても便利。

REX-File・Finderの導入と運用について

REX-File・Finderの導入はかなり手軽で、1日、2日あれば運用を開始できます。
また使用においてパソコンのスペックは重要ではないので、これまでのパソコンでも十分に動作可能です。
少人数で運営している企業から規模の大きい企業まで、幅広く活用していただけます。
これまで使用していたファイルサーバの文書を自動で登録していってくれるので、導入にあたり社員の労力を必要としない点もコスト削減に繋がりますね。

操作方法は分かりやすく簡単ですが、多くの文書管理システムで採用している管理者権限付与機能やアクセスログの抽出など、セキュリティを保つ上で必要な機能も一通り揃っていますので、安心して導入、運用開始することが可能です。
日頃多くの文書を取り扱っているけれど、あまり込み入ったシステムではなく手軽に利用開始できるシステムを導入したいと考えている企業に、REX-File・Finderは自信をもっておすすめできます。