SAVVY/EWAP

高機能な全文検索エンジンを搭載した文書管理システム

「SAVVY/EWAP」は、膨大な書類を扱う企業に最適な文書管理システムです。
高速で全文検索が可能な検索エンジン「SAVVY」を搭載したこちらのシステムは、より効率的に社内の情報共有を可能にします。

企業では必ず書類を取り扱いながら業務を進めていきますが、毎日書類は増えていきますし、数年後まで保管しておく必要がある書類も多いので、その管理は大変です。
似通った文書も多いため、ファイルサーバに類似した書類がたくさん格納されていて、目的の書類を見つけるのに苦労するという企業も多い様子。

また、文書が増えていくという点以外にも、増えていく文書をどんどん作っていかなければならないという点も問題です。
作りかけた書類を、とりあえず消失しないようにファイルサーバに保管しておく、ということが増えてしまい、さらに文書が雑多になってしまうという悪循環も発生しています。
このように、ファイルサーバが文書の「本棚」ではなく「倉庫」になってしまうことを改善し、より情報共有がしやすい環境にしてくれるのがSAVVY/EWAPです。

文書の管理に必要なポイントを網羅している

SAVVY/EWAPの優れている点は、なんといっても前述した文書検索システムが優秀だということ。
利用するすべての社員が簡単に検索できるよう、キーワードを入れただけであっという間に必要な文書を見つけてくれます。
また、これまで倉庫化してしまっていたファイルサーバを、情報共有サーバとして生まれ変わらせてくれるため、より文書の管理がしやすくなるのです。
すでに格納されている文書もわかりやすく管理できるのはとても助かります。

管理のしやすさには、書類の階層を自由に設定できるという柔軟性が関係しています。
書類を階層化する際、ファイルサーバでは思うように階層を作ることができず、見にくいままの状態で使わなければならないことがありました。
SAVVY/EWAPであれば、階層を使いやすいように設定できるほか、組み換えることも可能なので、より使いやすい環境に都度変更することができます。

そのほか、各フォルダや階層によって細かいアクセス制限を設定することが可能なので、一括で管理できる中にもセキュリティを期待することができたり、テキスト文書だけではなく画像などの格納、管理も可能なので、まさにすべてのデータを一括で管理することが可能です。

これまで文書を探すことに時間を費やしてしまっていた企業は、時短というコスト削減をSAVVY/EWAPによって実感することができるでしょう。
今後文書が増えていく可能性のある企業は、早いうちにSAVVY/EWAPの導入を検討してみては。