SVF PDF Archiver

「帳票」の管理に特化した部署管理システム

社内では実に多くの文書を作成、管理しているため、文書管理システムを導入している企業も少なくありません。
とはいえ、文書の種類によっては、紙で保管や管理をするほうが便利だというケースもあります。
しかし紙で文書を管理すると、紛失したり人為的なトラブルの原因になってしまうという問題点がありました。

給与明細を始めとする帳票などの書類は紙のほうが管理しやすいため、これまでは紙で保管していたという企業も多かったようですが、「SVF PDF Archiver」がリリースされてから、帳票においてもPDF化して電子帳票システム内で管理するところが増えてきています。

帳票こそ電子管理が便利

紙で保管するとあちこちに散乱してしまいがちな帳票は、電子書籍で管理することでデスクや書類棚をすっきりさせることができますし、必要な帳票をすぐに検索できたり、自動的に仕分けすることができるなどの利点があります。

またSVF PDF Archiverは、これまで長い期間紙で管理していた帳票の運用ルールを大きく変更することなく電子管理できるので、社員の負担にならないのも大きなポイントです。
例えば、紙で管理していた頃に帳票を仕分けする際、日付などで仕分けをしていたという企業が多いかと思いますが、SVF PDF Archiverで電子帳票を管理する際も、日付や文字列などで仕分けすることができ、同様の条件で必要な帳票を検索できます。

外国語にも対応、セキュリティ機能も充実

SVF PDF Archiverは英語はもちろん、フランス語やチェコ語、中国語など8カ国後に対応していますので、海外に支店や支社のある企業でも一括して帳票の管理を行なうことが可能です。
PDF化においては国内でも国外でも可能で、かつ双方の帳票を共通して管理することもできます。
給与管理などは海外の支社だとなかなか目が届かないので、電子帳票管理で遠隔からでも確認できるのはとても便利ですね。

給与明細などを管理する際にはセキュリティ面が重要になりますが、SVF PDF Archiverはセキュリティについてもしっかり考慮しています。
グループによってアクセス権限を付与したり、管理者グループを設定し、そのグループ以外の社員は該当の帳票にアクセスできないよう設定できるので安心です。

膨大な紙の帳票を管理している企業は、そろそろ電子帳票にシフトしてもよいかもしれません。
これまでの運用ルールを大きく変えることなく、安定して長期間帳票の管理を行いたい企業や、電子帳票に特化した書類管理システムを求めている企業に、SVF PDF Archiverはおすすめです。