契約書の管理

契約書はどこで管理する?

さて、契約をした後に大事なのが、その契約書をどう管理するかです。
当たり前ですが、契約書とは非常に大切なもの。
だからこそ、間違いのないようにしっかりと管理をしていかなければなりません。
では、いったいどの様に管理をしていけばいいのでしょうか。

企業において、契約書を管理するには

企業では、契約書の管理方法に以下のものがあるそうです。
参考:契約書の管理

上記のサイトを参考にします。
◆いくつかの部署で分けて契約書を管理する
◆契約を行った部署で管理する
◆法務部などですべてを管理している
つまり、これだけの管理方法があるということですね。
では「どの方法がベストか」ということになりますが、やはりサイトでも解説しているとおり「企業法務での管理」が一番いいのではないでしょうか。
企業法務というのは、法律のプロです。
企業のコンプライアンスはこの企業法務によって守られているといっても過言ではありません。

万が一、企業が訴訟に巻き込まれた時に出て行って解決策を講じるのも企業法務の仕事です。
だからこそ、契約書の管理もプロ。
徹底した方法で管理をしてくれますので、契約書の管理を任せるのならここに頼めばまず間違いありません。
特に、他社との契約となれば契約書の重要性も大きいので、法務に管理をしてもらえたら安心でしょうね。

◆具体的な保管の仕方
では、どうやって管理するかです。
契約書というのは1つではなく何種類もあることが一般的ですから、きちんと管理方法を考えておかないと「管理できない」「契約書を紛失してしまった」なんてことにもつながります。
だからこそ、きちんとした管理方法を考えていきましょう。

まず、大切なのが「きちんと分野別に保管をする」ということ。
分野ごとに契約書をわけて保管しておけば、万が一のときにも迷うことがありません。
また、契約書は必ず「どこに何があるのかを解るようにして保管する」ということ。
とにかく、なくさないようにしっかりと保管することが大事です。

契約書の保管については、以下のページにもまとめています。

 

これらのことについて、きちんと考えておきましょう。
契約書の保管方法を考えておくことは、とても大切なことになります。