誤解のないように、内容を記載することが大事

●契約書を作るときは、解りやすく内容をかいておくこと
まず、契約書を作るときは「できるだけ内容に取り違えが生まれない様に、きちんとした言葉遣いで作る」ということが必要になります。
なぜこのようなことを言うのかというと、日本語というのは本当に難しいもので、時に誤解が生まれることがあるため。
「こちらはそういうつもりではないのに、相手にはそうとられていた」ということも多いので、注意をしなけれななりません。契約書内容に、その様な曖昧なことが記載されていると、後から別の様に受け取られて「こういう意味のはずだ」「いや、そんなことは言っていない」など、争いごとにつながるので、はっきりと誤解のない言葉で異彩することは何より重視しなければなりません。そのような言葉の選び方の違いから、会社同士が揉めてしまうということもすくなくないのです。また、うやむやな書き方をすればそこを突かれてあとから話を有利に持っていかれる可能性がありますので、そのことも注意しなくてはなりません。
契約書とは、双方の関係をつなぐとても重要なものです。その重要なものだからこそ、適当な言葉を選ばないということはとても大切なことになります。

●契約書内容は、双方でよく確認して
当たり前のことですが、契約書を作る場合は「双方で、しっかりと内容を確認し合う」というこkとが大事です。
「こういう内容で、こういう約束のための契約書だけれど、間違いないよね?」ということをしっかり指摘してみて下さい。それはとても大切なことになりますので、注意してくださいね。
大事な契約書の場合は、自分ではなく専門家がつくることが多いですが、その専門家にも間違いがない言葉で「こういう内容の契約書を作りたい」ということを告げて下さい。そうしないと、契約書の内容が間違って政策されることがあるかもしれません。もちろん、プロはそういう点も含めて契約書を作ってくれますが、念のため自分でもじっくり見て。自分が作りたい内容の契約書になっているかどうかを確認してみてください。

●双方のために、誤解がない内容にすることが大事
契約書の内容に誤解がないようにするのは、誰のためではなく「企業同士の信頼のため」と言わざるを得ません。
内容に間違いがあると、どうしても相手との間に亀裂が入ってしまう可能性がありますので、そのようなことが内容にしていかなければならないのです。大事なお得意様と不快な思いをすることがないように、きちんと契約書を見直しておきましょう。