占いサイトから誘導されていつの間にか出会い系サイトの契約になっていた事例

占いサイトに関する相談内容、結果

インターネットには無数のコンテンツがありますが、中でも非常に人気が高いものとされているものの一つが「占い」です。
占いに関するコンテンツは「Yahoo!占い」をはじめとして大手サービス事業者が有料で配信をしており、スマホ向けアプリでもかなりの数のものを見つけることができます。
占いコンテンツを主に利用しているのは若い女性ユーザーで、無料で配信される占いサービスなどを複数登録しているということも珍しくありません。

しかし、そんな占いコンテンツの人気を利用した悪質なサイトもあり、クリックをしたために架空請求や出会い系サイトへの登録などが発生してしまった、というような事例が報告されています。

占いサイトを利用した悪質なサイトの巧妙なところは、占いをするときによくある「名前」「誕生日」といった個人情報を入力させるようにしていることです。
「正しい名前でなければ結果が出ません」といったことが書かれていれば、普段は個人情報の入力に慎重な人もついつい入力をしてしまいますので、そこから悪質なコンテンツに誘導されやすい環境ができてしまうのです。

実際の相談事例として特に悪質なものとしては、占いコンテンツに自分の名前とメールアドレスを登録したところ、勝手に出会い系から複数の異性からメールが届くようになったということがあります。
中には「自分は芸能人だ」「お金をもらってほしい」といった内容もあり、続けてメール交換をするために出会い系サイトのポイントを購入したところ、請求額が数十万円にもなっていたといいます。

あとから詐欺と気づいて連絡をしたが、業者はポイントとして購入したものは返金できないなどと言われ、結局裁判になったということでした。

占いサイトを利用する時の問題点

上記で紹介した事例では、同様の被害が多く報告されていたことからインターネット事業者も積極的に動き、結果的に業者を突き止め裁判で請求を取り下げさせるというところまで至りました。
しかしそうした民事訴訟では裁判に時間とかなりの費用がかかりますので、裁判費用を自分で負担することになった場合には請求額以上の負担になってしまうこともあります。

もともと占いサイトを積極的に利用している人というのは現在の生活に何らかの不安や不満があったり、また何かよいことがないかと望んでいる人であったりします。
そこに都合よく幸運が舞い込むかのようなメールが来ることでつい気持ちが緩み、簡単な詐欺に引っかかってしまうこともあるのでしょう。

占いコンテンツを利用することはよいのですが、もし何かおかしいと感じたら深入りせず、また覚えのない請求には絶対に応じないようにすることが大切です。