実印が義務付けられているもの

二輪自動車売買契約書

実印でなければならないものって?

書類の中には、必ず「実印」が求められるものが存在します。

私たちは生活の中で多くの判を押しますが、書類によって使用する判の種類がちがいますよね。

では、一体どの様なものに実印が求められるのか?についてお話をしてみましょう。

 

印鑑登録って何?

「実印」と切っても切り離せない存在なのが、印鑑登録。

皆さんは「印鑑登録」がどんなものかをご存知でしょうか?

印鑑登録とは、実印を作る為に必要なものです。

自分だけの印鑑を登録することで、

初めてそれは「実印」として利用することが可能になります。

そう、ただ判を持っているだけではそれは実印になりません。

印鑑登録は地方自治体などに対して行うものなので、役所などで手続きを行うことができます。

印鑑登録をして実印になった判は、

一定の効力を持つようになりますので、扱いには十分注意しましょう。

印鑑を登録すると「印鑑証明書」というものが発行されますので、

それが登録をしたという証になります。

もちろん、この印鑑登録証もとっても大事なものになりますので、

しっかりと管理をしていかなければなりません。

なくしたりしないように注意して扱いましょう。

 

では、実印が必要なのはどんな場面?

ここで気になるのが、印鑑が必要なのはどの様な場面なのか?という話です。

実印が必要とされる場面っていろいろありありますよね。

どんな場面で必要とされるのかについてまとめました。

まず、よく言われるのが「車を購入する際」に必要とされるということ。

車を購入する際は、実印と印鑑登録証明書が必要になりますので、

用意をしなければなりません。

なぜ実印が必要になるのかというと、

車を購入すると運輸支局への登録が求められる為

(軽自動車の登録は車検査協会というところへ行うことになります)。

この登録をしないと車を所有することができないので、実印が求められるのです。

他にも、家やマンションを購入すると「実印を押さなければならない」と言われていますよね。

家やマンションの購入というのは高額なお金が動きますから、もちろん印鑑が必要になります。

このように、大きなお金が動く時というのは

必ず実印が必要になりますので、きちんと登録して管理をしましょう。

 

実印は都道府県を離れると効力がなくなる

先にも書いたとおり、実印というのは都道府県に対して登録を行うものです。

だから、登録を行った都道府県から出ると、その効力がなくなります。

新しく住んだ地域で再度登録をしなければなりませんので、注意しましょう。