契約解除について

考える人

契約解除をしたいときってどんなとき?

「契約解除をしたい」というと、なんだかとんでもなく大きなことを言っている様な気がしますが、「契約解除」というのは普通に私たちの生活の中で行われているものです。
そんな「契約解除」についてみていきましょう。

まず、「契約解除」とはどんなことを指すのか。
基本的なところを見ていきたいと思います。
「もし不動産ばいない契約をキャンセルしたくなったら」というページには、「契約解除と契約取り消しの違い」という題名で、契約解除についてきちんと書かれていました。
それによれば、「「契約解除」というのは「契約をとりかわしたものの、何らかの事情でその契約をやめる」ということを指します。
これって、よくあることだと思いませんか?
そう、契約解除とは、そんなに珍しいものではないことは確かです。

しかし、簡単に解除をすることができるわけではない

とはいえ、契約解除というのはそう簡単にできることではありません。
「LSC綜合法律事務所」によれば、契約を解除することができるケースは以下のとおりです。
まず、契約をしているうえで「解除してもいい」という要件に合致すること。
この条件に合うものであれば、契約の解除を行うことが可能になります。
もうひとつは、もともと当事者同士で「こういうことがあったら契約解除をすることができる」なおという取り決めがあった場合。当事者同士がもともと取り決めをしていて、その条件に合った場合は契約の解除をするkとができることになっています。
この様に、契約の解除ができるケースというのはきちんと定められています。

日本語って難しい

そして、実は「契約の解除」「契約の解消」「契約を無効にする」「契約を取り消す」などは、すべていみが違うということも記述されています。
例えば、「契約が無効になる」というものだと、「そもそも契約何て物は最初からしていませんでした」ということになるので、契約解除とはまた別の意味にあります。
このあたり、やはり「日本語って難しいな」と思わせますね。

契約に関する法律はたくさんありますので、ひとつひとつ調べてみると面白いことがたくさん解ると思います。
ぜひ、ひとつひとつ調べてみてください。
「契約って、こんなに種類があってこんなにたくさんあるんだな」ということがわかると、いろいろなからくりがみえるようになってきますよ。
契約解除とそのあたりの法律については、調べてみるといろいろと面白いことが解るかもしれませんね。