賃貸契約書でのトラブルを防ぐには

説教をする人、受ける人

疑問点を質問すること

賃貸物件の契約を行うときには、必ず内覧を行うことが必要です。
その時に疑問点があれば必ず質問をし納得するまで確認しなければ安心して契約を行うことができないです。

賃貸物件の契約では、不動産業者が契約に関する説明を行ってくれますが、わからない内容や難しい言葉が多いときには理解せずに契約してしまうことになりますが、このような契約はトラブルを起こすことになってしまいます。
すぐに契約をせずに契約書のコピーをもらってじっくり確認することが必要です。

わからない言葉があれば調べる、または不動産業者に質問をして確認をし、すべての契約に目を通すことが必要です。
また、契約書のコピーを渡すのを断る不動産業者があれば、そこでは賃貸契約を行わないのが無難になります。

賃貸契約書で確認をすること

賃貸契約を行う時の契約書で確認したいのが、賃貸契約で1番トラブルになる契約が終了した時の敷金等の預かり金の精算です。
一昔前の賃貸契約では原状回復費用と相殺または差額分を返済されることになりますが、この原状回復費用の範囲が曖昧になっておりトラブルの原因となります。
最近では原状回復費用の範囲が以前より明確になっていますが、できれば契約前の内覧の時に賃貸する部屋の状況や状態を写真に保存しておくことで、退去時のトラブルを防ぐことができます。

できれば、賃貸契約に敷金の精算方法が明記されている場合、賃貸契約をするときに確認をすることができます。
賃貸物件が快適な生活ができ長く入居している場合には更新料や賃料の増額が行われる場合があります。
これらの更新料等に関しても賃貸契約を行う時に記載されている内容や質問を行い賃貸契約書に記載してもらうことが後々のトラブルを防ぐことができます。

管理者の確認

賃貸物件では誰が管理者として責任があるかも、賃貸する人にとっては大変重要なことになります。
共有部分の修理をしてもらいたい場合や共有部分の電灯交換や共有アンテナの修理など賃貸人だけでなくそこに入居している人すべてに共通するものの修理を行う管理者が誰なのか明確にしておく必要があります。
賃貸契約を行う時に管理者が誰なのかを確認することで入居してからのトラブルを減らすことができます。

重要事項の説明

賃貸物件を借りるときには賃貸契約を行い、その時に不動産業者は重要事項の説明を必ず行う必要があります。
よく言われるのが自殺した物件と呼ばれる事故物件は、これらのトラブルにより次に借りる人には必ず説明する必要があります。

これ以外にも賃貸契約の物件に居住しているときに起こってしまったトラブルについても説明が必要となります。
頻繁に空き巣に入られてしまう部屋などの、いわくつきの物件については必ず説明を行う必要があります。

特に周辺の相場に比べて家賃が安いときには何か問題があるのではないかと疑うことも必要となります。
その時には周囲の家を訪ねて聞いてみることもトラブルを防ぐ方法となります。