業務委託書でのトラブルを防ぐには

腕組み

アウトソーシングでも利用されている

業務委託契約とは、企業が行っている業務についてこの業務を遂行させるために第三者に委託をして業務を行う契約を業務委託契約と呼びます。
今日の企業ではアウトソーシング等でも一般的に利用される契約形態が業務委託契約になります。
業務委託契約では、何らかの業務を第三者に委託することになるので、業務委託契約では委託する業務の内容がわかるような製造委託契約書、運送委託契約書などの名称をつけることになります。

委託業務契約の法的な性格

委託業務契約では、委託をする業務の具体的な内容や委託をする方法等によっても法的に性格が異なるので注意が必要です。
また委託業務の内容では委任契約、請負契約の違いや販売契約や雇用契約など法的な性格が異なるので、明確に契約で記載しておくことでトラブルを防ぐことができます。
特に個人との業務委託契約では、その契約が業務委託になるのか労働関係法規が適用される雇用契約になるのかは、契約書に記載されている内容ではなく委託業務の実質的な業務内容によって判断されることになります。

委託契約と請負契約の違い

委託契約と請負契約の業務委託契約では法律的に次のように異なることになります。
契約の目的に関しては委託契約では、一定の委託業務を処理することになり、一定の結果を出す事は受託者の義務ではないです。
一方請負契約の場合には委託を受けた仕事の結果を出すことが必要となります。

受託者の義務では、委託契約では受託者が委託者に対して誠実な業務を行う義務を負うことになります。
この場合には結果を求めることができないです。
請負契約の場合には、あらかじめ決められた結果を委託者は受託者に求めることになります。

報酬請求権では、委託契約では原則的に受託した業務を履行した後に報酬の請求と費用の償還を行うことができます。
しかし、請負契約では、契約により決められた結果を出すことになるので、この結果を完遂した後でなければ委託者に対して報酬を請求することができないです。

契約解除権については委託契約では、委託者または受託者のどちらかはいつでも契約を解除することができます。
しかし、当事者のどちらか一方が相手方の不利な状態の時に解除したときは、損害に見合う賠償義務を相手が負うことになります。

請負契約では、委託者は受託者が契約により決められた業務を遂行させるまでの間はいつでも損害を賠償することで契約を解除することができます。
しかし、受託者は契約を行った業務の完遂を約束しているので、その契約を途中で解除することができないです。

瑕疵担保責任については委託契約の場合には生じないことになります。
しかし請負委託の場合には、契約により業務は完遂した後に瑕疵が発見された場合には、受託者は瑕疵担保責任を負うことになります。

報告義務については、委託契約では受託者は委託者から請求があるときには、いつでも受託した業務については状況や進捗度を報告し、業務が終了した後では遅滞なくそれまでの経過や結果を報告する義務があります。
請負契約の場合には、契約により業務は受託者に委ねられているので、受託者は業務について委託者に報告する義務がないです。
このように委託契約と請負契約では、これらの内容について性格が異なるので注意が必要です。