光回線サービスの卸売に関する勧誘トラブル

光卸とは

自宅でインターネットを利用するためには、まずは回線業者と契約を行い、そこからプロバイダを選んで契約していくことになります。
しかしこうした回線とプロバイダ契約についてはインフラ整備や規制緩和があるたびに契約内容が変更となっていくことから、IT業界に関わりのない人にとっては非常にわかりにくいものです。

特に近年では回線利用に関して大手事業者以外にも複数のサービスが参入していることから、契約はしているものの実際にはどことどのような契約関係になっているかが分からないということもあります。

中でも近年大きな問題とされているのが「光卸」といわれるNTT東西日本から卸売を受けた事業者です。
契約時に「NTTの回線を使用する」と言われていたのに契約にNTTの名前が出てこないなど、わかりにくい状況を作り出してしまっています。
自分が契約していないのに勝手に他の事業者に乗り換えさせられていた、というようなこともあり、特に2015年ころから相談件数が激増しているのです。

「光卸」とは簡単に言えばNTT東西が所有している光回線を「光コラボレーション事業者」とされる事業者に利用契約をし、そこから回線利用とプロバイダ契約の両方を行うという契約方式です。
ですので消費者はNTT東西の持つ光回線を利用しているものの、NTTとは契約をしていないということになります。

相談事例、問題点

「光卸」こと「光コラボレーション事業者」に関する相談事例で非常に多いのが、営業電話であたかも新プランができたと説明を受けたのに、実際には完全に契約の乗り換えであったというような場合です。
もともとの契約どおりに使えると思っていたのに、勝手に乗り換えをされたことにより回線の品質が落ちたり、結果的に割高になってしまうということもよくあり、それがトラブルのもとになっています。

そして光卸の問題は、そうしたトラブルが起こっても消費者が自分でどの事業者とどんな契約をしているかが不明で、誰にどう訴えればよいのか分からないというようなことがあります。

勧誘時に受けた説明と異なる契約になってしまったということを訴えようとしても、光卸ではそもそも営業電話を別事業者に外注していることもあり、それが言った言わないのトラブルになってしまうこともあるのです。

消費者へのアドバイス

これからそうしたトラブルに巻き込まれないようにするためには、回線契約についての電話を受けた時には、それが光コラボレーション事業者のどういったところかということをはっきりさせるということが大切になります。

契約前に事業者名やサービス名をはっきりさせ、その上で光卸としての契約内容を明確にしてもらいましょう。