ペットを飼う際のトラブルを防ぐには

猫

周辺地域への注意が必要

経済が成長していくとともに日本では、ペットブームが始まることになります。
その後経済的な成長の低迷が続いてもペットブームが続いており多くの動物が人間と一緒に暮らしています。

ペットとの楽しい共同生活は、人によって大変癒しの効果があるので、今後もペットとの共同生活が続いていくことになります。
もちろんペットとの共同生活が飼い主にとって大変プラスになる影響をもたらすことになりますが、周辺の地域に良い影響だけをおよぼすことにならないので、注意が必要となります。

ペット可の賃貸契約

終わることのないペットブームの影響により近年の賃貸契約事情が大きく異なっています。
それが入居者を募集するためのペットとの入居が可能な賃貸物件が増加していることです。

賃貸物件の中でペットとの同居が可能な場合には賃貸契約書に特約条項としてペットとの同居が可能と記載されていることになります。
また、契約条項にペットと一緒に同居することが許されている記載があります。
このようにマンション等の賃貸借契約を結ぶときにペットとの同居が可能となっているが問題なくマンションにペットと一緒に暮らすことができます。

また、契約前の内覧でもペットを飼うことができるようにマンションの共有部分に足を洗うための場所は用意されている場合があります。
これを確認することでマンションでペットと一緒に暮らすことが可能か判断することができます。

ただし、注意したいのがどのようなペットでも賃貸借契約でペット可となっていれば一緒に暮らせるわけではないことに気をつけることが必要です。
大型の動物や爬虫類または昆虫など周りの人が敬遠するようなペットの場合には、ペット可のマンション等でも断られる場合があります。
必ず変わった動物をペットとして飼う場合には契約時に確認が必要となります。

ペットが飼えるが契約に記載がない場合

ペットブームで入居者の希望によりペットと一緒に暮らせることができるマンション等が増えていますが、マンション等の中には入居者を確保するために後からペットの同居を許可している場合があります。
マンション等の賃貸物件で当初はペット同居が不可となっている物件であっても、諸事情によりペット可となっている場合には注意が必要となります。
契約条項に特約条項としてペット可の記載をしてもらえれば問題ないのですが、賃貸借契約においてペット可の記載がない場合には、他の入居者とのトラブルが生じた場合には退去させられる場合があります。

事前にペットの種類や大きさ等を尋ねられますが、子供の場合には成長することにより大きくなるペットも存在しているので、途中でペットを飼えなくなる場合もあります。

必ず詳しく賃貸借契約に記載がなければ確認をする必要があります。
ペットのトラブルによっては損害賠償金が発生することもあるので、賃貸借契約にペット可の記載がない場合には注意する必要があります。