リフォーム契約書でのトラブルを防ぐには

修理する人

住宅エコポイントによる影響

近年中古物件を購入してリフォームを行うことが増加しています。
これは政府の政策の影響があります。

政府の新経済成長戦略の中にリフォーム市場の成長を促すために住宅エコポイントを行った結果リフォームを行う件数が増加しています。
その後長引く不況やリーマンショックの影響により新しい住宅物件よりも中古物件を購入してリフォームすることが経済的に負担が少ないと利用する人が増加しています。

今ではリフォームを行い中古マンションを購入する事は少なくその理由としては費用の目安や依頼先選びそして老朽化の問題があるためリフォームを行わなかったのですが、それは一昔前の住宅購入事情になります。
最近リフォームを行うきっかけとして中古物件を購入してリフォームする以外に、現在居住している物件が老朽化したことにより、リフォームをして住みやすい環境にする目的があります。

その他にも便利な住宅にすることで生活の質を上げることができます。
また、住宅物件を購入したときよりも家族の増減によりリフォームを行う人が増えています。
リフォームでは構造部分、雨漏り防止や内装および設備部分のリフォームを単独もしくは組み合わせて行うことが1番多いです。

注意したいリフォーム契約

いろんな状況によりリフォームを行うことになりますが、最初にリフォーム事業者を選択することになります。
リフォームを行う業者には請負代金に応じた建築業許可の有無や設計管理者の資格など細かい規定があるためできるだけ資格を保有しているリフォーム業者に依頼するのが安心できます。
最近はリフォーム業者を探す場合にインターネットを利用が盛んであり、安心で詳細なリフォーム業者の情報を知ることができます。

リフォームに関係する法律では特定商取引法、建築業等多くの法律が関係しているためこれらの法律にクリアーした内容でなければリフォームを任せることができないです。
また、リフォーム契約を行う場合には記載された内容を確認することが必要です。
特にリフォーム工事請負契約書は、何度も確認をし、わからない事は必ず質問する必要があります。

リフォームの契約書には見積書や工事計画書などを添付されていなければ、契約を行う前に必ず提出してもらう必要があります。
また、見積書の中に諸費用や諸経費として一式を記載されている内容であっても細かく説明してもらう必要があります。
この時に説明できない営業マンの場合にはそのリフォーム会社に依頼することをやめる方法を選択する場合があります。

トラブルにならないためにも契約をする前に確認が必要となります。
また、リフォーム瑕疵保険に加入することで手抜き工事を防ぐ方法があります。
そのためリフォーム瑕疵保険に加入することで安心してリフォーム工事を任せることができます。